>  > 
美容コラム
2016.09.27

いまさら聞けない!あの美容:酵素洗顔ってなに?

少し前から何かと話題の酵素洗顔。 使用したその日から肌のトーンがワントーン上がった!など、良い反応が多い中で、酵素洗顔をはじめたらニキビができた!肌が赤くなった!などのトラブルの声も耳にします。

そもそも酵素洗顔ってどんなもの? 酵素洗顔について調べてみました。

酵素洗顔とはどんなもの?

しまうまの置物とクエスチョンマーク

そもそも酵素とはどんなもの?

そもそもの酵素とはどんなものなのでしょう?
酵素は実は私たちの体の中にもいるものです。
それどころか、人間にはなくてはならないとまで言われている大切なものなのです。

酵素は体内で食べ物などを分解し、吸収しやすい状態にしてくれます。
食べ物を消化するのに体力が必要というのは最近よく言われている話なのですが、この働きがないと、私たちは食べ物を吸収するのにいま以上に体力を使ってしまいますし病気にもかかりやすくなります。

酵素洗顔料とはどんなもの?

お恥ずかしい話ですが、私は「酵素洗顔」という言葉を初めて目にしたとき「酸素洗顔??(サンソ洗顔)」と見間違え、さぞかしぶくぶくする洗顔なんだろうなぁ、と思いました。
でも、高濃度の酸素は体に毒だという話も知っていましたので、本当に大丈夫?と不安になったものです。
実際はただの読み間違えだったので、そんな危険はなかったのですけれど。

「酵素洗顔料」は酵素を含んだ洗顔料です。
普通の洗顔料同様、チューブタイプのものもありますがやはり主流はパウダータイプです。
酵素は水に触れると活性化するという効果がありますので、洗顔時まで水分を含んでいないパウダータイプは洗顔の時までその力を温存し、いざ洗顔!という時に強くパワーを発揮してくれます。
より酵素の力を実感するためにはパウダータイプ!
アイテム選びのポイントです。

酵素洗顔の効果:古い角質を除去します!

酵素洗顔には、古い角質を除去するという効果があります。

肌のくすみの原因は古い角質です。
年齢を重ねるごとにターンオーバーが滞り、古い角質がはがれづらく厚い層となってしまうことで肌がどんどんくすんで見えてしまいます。

古い角質の主な成分はたんぱく質です。
通常の洗顔は界面活性剤の効果で「油脂」を落とすことを目的としていますが、たんぱく質が主成分である古い角質はこれだけでは落ちてくれないのです。

そこで酵素洗顔です。
酵素はたんぱく質を分解する働きを持っていますので、酵素洗顔料で洗顔することで自然なターンオーバーだけでは落ちにくくなってしまった古い角質を除去します。

酵素洗顔の効果:角栓を除去します!

日常を過ごすだけでも毛穴には汚れが入り込んでしまいます。
その代表例は細かい埃や塵で、最近では黄砂なども問題ですね。

埃や塵、黄砂だけであれば普通に水で洗顔でも落ちてくれるのです。
ただ、私たちには肌を汚れから守る自浄作用というものが備わっており、その作用から毛穴に入り込んだ汚れは皮脂で包まれてしまいます。
この皮脂で包まれた埃がきちんと外に排出されれば問題はないのですが、洗顔が適切なものでないと毛穴の中に残ってしまいます。
その汚れが「角栓」となるのです。
角栓は通常は白~肌色ですが、さらに放っておくと酸化し、毛穴自体が黒ずんで見えてしまいます。
これが毛穴が黒ずむ原因ですね。

角栓になってしまったらもう通常の洗顔では落ちません。
角栓・毛穴の詰まりはたんぱく質が原因ですから、角質同様に酵素洗顔料で洗顔することが必要となってくるのです。

酵素洗顔の注意点

手のひらに泡

酵素洗顔を使えば肌のくすみが改善され、透明感のある肌になります。 角栓もしっかり除去できるので肌トラブルになる可能性も低いです。

と、これだけ見てみるといいことばかりですが酵素洗顔にはいくつか注意点があります。

使いすぎは逆効果

酵素洗顔料は他の洗顔料と比べてとてもピーリング効果が高いものです。
ピーリングのやりすぎはビニール肌や赤ら顔など、様々なトラブルの原因ともなりますから絶対に避けるべきです。

通常でトラブルが起こりにくい肌なのであれば、1週間に1度くらいのスペシャルケアに取り入れるといいでしょう。
もし物足りないというのであれば少しずつ回数を増やしていけばOKです。
肌の強い人は毎日使ってもトラブルが起きない!ということもあるようですが、お肌の調子は人それぞれですから自分にぴったりの頻度を見つけられるようにいろいろと挑戦してみましょう。

肌荒れ中は使わないで!

肌荒れをしているときは、何とか改善したい!といろいろ考え、様々な商品を試してみたくなりますよね。

ただ、酵素洗顔はとても刺激が強いものなので肌荒れ中のお肌にははっきり言って向きません
とりあえず炎症が出ているのであればそちらを改善させることが最優先です。
炎症が収まってから、再び肌荒れを起こさない予防策として取り入れるようにしましょう。

肌荒れの炎症を改善するには、保湿をしっかりと行うケアが大切です。
ただ、これだけでは改善しない場合もありますので、2週間以上炎症が続くのであれば皮膚科に通ったほうがいいでしょう。

酵素洗顔料の使い方

顔を洗う女性

酵素洗顔料を使っての洗顔方法

酵素洗顔料はぬるま湯で使うことで酵素の働きを活性化させることができますので人肌くらいの温度のお湯を使用するようにしましょう。
まずは既定の量を取り出し(パウダータイプの酵素洗顔料は一回分ずつ小分けになっていることも多いです。)ネットなどを使ってしっかり泡立てます。

泡立てた後は、特に黒ずみが気になるところから泡だけを乗せて手で肌に触れないようにしましょう。
泡だけを動かしてマッサージすると効果はより上がりますが、上手にできないのであればやらないほうが無難ですね。
その後、全体に泡を広げていったら、すすぎ残しがないようにとにかくしっかりすすぎます。
目安は20回くらいです。
この時も手で肌に触れないように気を付けてくださいね。

アフターケアをしっかりと

酵素洗顔後はピーリングの効果から、肌が薄くなっていますのでいつもよりしっかりと保湿をするようにしましょう。
また、紫外線対策もいつも以上にしっかりと行うことが大切です。
UVカットクリームを使用するのも大切ですが、出来れば外には出かけないようにして一日肌を落ち着けてあげるとよりいいでしょう。

アフターケアがしっかりできないのであれば酵素洗顔料は使わないほうがいいようです。
時間に余裕があり、翌日出かける予定がない日の夜に行うのが一番いいですね。

今回のまとめ

酵素洗顔についていまさら!詳しく説明してみました。
ポイントは

・酵素洗顔料は肌荒れのない肌に使用する
・酵素洗顔は古い角質や角栓を取り除く
・時間がある、出来ればお出かけしない日の前夜に使用する

です。
酵素洗顔をいつものスキンケアにプラスして、透明感のあるすっきりとした肌を手に入れましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
美肌ひろば編集メンバー

美肌ひろば編集チーム

美肌ひろばの編集チームです。 頑張っていい記事書いていきます!

上に戻る