>  >  > 
ベースメイク
2016.06.21

看護師の私が教える、夜勤に起こるメイク崩れの防止方法

メイク直しの方法

みんなのお肌の手入れ方法
今回お話をうかがった人の「肌質」と「年齢」
肌質 乾燥肌
年齢 35歳

こんな悩みの方におすすめ

メイクを軽くオフしてから行うメイク直し方法

メイク崩れの対処法についてお話を伺います。
よろしくお願いします。
まずはメイク崩れについて、何が一番の原因だとお考えですか?

kさん

やはりが一番ではないでしょうか。
夏場は特にですが、汗をかくとどうしてもメイクは浮きます。

特に最近は異常気象で厳しい暑さが続く夏が多いですし、建物の中と外での気温差があるのも体に不調をきたす原因の一つです。
体調が崩れれば肌も不調になり、メイクも崩れる。
それにエアコンによる乾燥からも肌はダメージを受けますから、やっぱりメイクが崩れる。

メイク崩れのことを考えると夏って本当に憎い存在です。笑

ご職業が看護師さんとのことで、職業に関するトラブルもあると伺っています。

kさん

そうですね。
夜勤がちょくちょくあるので、夜勤明けの日はとにかく顔がやばいです。
特に朝の申し送り(日中勤務の方に患者さんの状況を説明するミーティングのこと)時は、一晩寝てすっきりした同僚看護師と顔を合わせるわけですから、自分と彼女たちが同じ鏡に映ろうものなら思わず目をそむけます。
さすがにこのままではまずい!と思い、わたしなりにケア方法を考えました。

どのような方法ですか?

kさん

まず、汗だくになる夏場はあぶらとり紙で汗をかいた部分を軽くおさえ拭きします。
夜勤の休憩の時に軽くメイクを治したいときはメイクしたままの状態に化粧水と乳液をたっぷりつけて、それからまた軽くメイクするようにしています。

できることなら休憩中にメイク落としをしてから洗顔もしたいのですが、最初からそれをやっていたら休憩時間も過ぎてしまうし急変やら入院患者さんが来るとすぐ駆けつけなくてはいけないですから、時間をかけるわけにはいきません。

いまさらですが、命を預かるお仕事って大変ですね。

kさん

そうですね。
だからとにかく私には化粧水・乳液・あぶらとり紙が必需品です。
このメイク直しを始めてから夜勤明けの付かれ顔も目立たなくなりました。

でもそれだけいつも用意しておくのは大変ですね。

kさん

仕事中はロッカーがあるのでそこにボトルごと用意していますが、出かけるときなどは荷物を減らすために小分けして乳液を持っていくようにしています。
化粧水だと保護する役目がないので、どちらか片方選ばなくてはいけないのであれば乳液がオススメです。

出先でのメイク直しも乳液を使ってまずは崩れてしまった分は落とします。
そのまま重ねて上からファンデーションを重ね付けしているという人も多いようですが、すでに崩れてしまっている状態で上から重ねそれにエアコンによる乾燥からも肌はダメージを受けますから、やっぱりメイクが崩れる。
てもかえってひどくなることが多いですし、仕上がりも厚ぼったくなるのでそれではもったいないです。

私のように乳液を持ち歩いてもいいし、化粧直し用のミストを使用してもいいと思うのでまずはベースの肌をスキンケアで整えてから直すことをオススメします。

メイクでオススメのアイテムがあるとか?

kさん

化粧下地はソフィーナのプリマヴィスタの皮脂崩れ防止タイプがオススメです。

自分にぴったりのものがなかなか見つからなくて、今までたくさんのものを試してみましたがこれは使ってすぐ効果を実感できました。
暑い真夏でもとにかく崩れにくくて、いまではなくてはならない存在です。
その後も何種類が別の下地を使ってみましたがやはりしっくりこず、結局プリマヴィスタに戻っています。

ヒット商品なので使ってみたことがある人も多いのかもしれませんが、まだ使ったことがないのであればぜひ使ってみてほしいです!

ご協力いただき、ありがとうございました。

今回ご紹介するアイテムはこちらです!

花王 ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 25ml

いろいろなものを試しましたがこの商品が一番です。
とにかく崩れにくくなるので、なくてはならない私のメイクの相棒です。

今回のまとめ

いろいろなアイテムを試していらっしゃいますが、誰にでもおすすめしたいのはプリヴィスタ化粧下地とのお話でした。
一度メイクを軽くオフしてからメイク直しをすることで、土台から立て直すことができ長持ちメイクが実現するそうですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
上に戻る