>  >  > 
ヘアケア
2016.04.22

ヘアケアに使えるオイルたち、その性質と使い方を紹介

オススメのヘアケア

みんなのお肌の手入れ方法
今回お話をうかがった人の「肌質」と「年齢」
肌質 脂性肌
年齢 32歳

こんな悩みの方におすすめ

梅雨に膨らんでしまう髪の毛をなんとかしたい

梅雨に膨らむ髪…

ゴールデンウィークをすぎたらじきに梅雨がやってきます。
長雨の続くこの季節、雨のせいで大気中の湿度は高く中々髪が纏まらない上に苦労してセットした髪も外に出た途端崩れてしまう…
女性にとっては一大事です。

この時期の髪の悩みはつきません

ストレートヘアの女子ならまだしも、くせっ毛女子は朝からブルーになるこの季節。
ゴワゴワボサボサ、いつも以上に収拾のつかない髪の毛。
実はそれ、傷んで剥がれたキューティクルから空気中の水分がとりこまれるからなんです。
ならばキューティクルを健康に保てばいいと安直に考えがちですが、カラーやパーマ、日々の洗髪、果ては寝ている間の枕との摩擦など何気ないことでも負担になる程キューティクルは繊細です。
キューティクルにストレスをかけない生活は不可能と言ってもいいでしょう。

だからって諦められない!

しかしじゃあ無理じゃない、と諦める訳にもいきません。
そこでオススメしたいのがヘアオイルです。
ヘアオイルは髪の毛をケアしながら同時にうねったりする髪の毛も整えてくれる優れものなのです。

オイルと言っても色々あります

市場には色々なタイプのオイルが売られていて、それこそヘアケアメーカーからそれぞれのラインによって製品が作られています。
市販されているヘアオイルは使い勝手がよく、シャンプーやトリートメントなどと一緒にラインで使いたくなりますが、でもその実、中にどんな成分が使われているか分かりませんよね。
裏の成分表示を見ても難しく馴染みのないカタカナが並んでいて一つ一つ調べ、本当に髪にいいものなのかどうか取捨選択するのは骨が折れます。
今日はそれとは別に安心して使える天然の植物油をご紹介いたします。

椿油

いわずもがな、日本古来より髪の毛につけるオイルといったらこれ!
人間の皮脂にも含まれるオレイン酸が豊富で髪との相性は抜群です。
ただ少し重めのオイルなので付け過ぎにはご用心を。美しくなるはずが逆にぺったりギトギトの仕上がりになってしまいます。
しかし椿油には紫外線吸収能力もあるのでお出かけの時の日焼け止めの効果も期待できる優れものです。

あんず油

あまり馴染みはないかもしれませんが、あんず油も負けず劣らず優秀なオイルです
匂いも強くなく、ほのかに杏仁豆腐のような甘い香りがします。
オレイン酸やミネラルを含み、しっとりよりもサラサラの髪にしてくれます。
冬場の静電気予防にも一役かってくれますよ。

柚子油

比較的さらりとしたつけ心地で匂いも爽やかな為使いやすいオイルです。
柚子の香りが好き、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
柚子油にはヘルペリジンというビタミンが含まれていて、このビタミンには毛細血管を強化し血液循環を促進する作用があります。
そのため頭皮環境を整えてくれます。髪のみではなく頭皮ケアにも使えるオイルです。
ただ、柑橘系のオイルには光毒性のあるものもあるので、塗ってすぐの外出には注意してくださいね。

アルガンオイル

昨今注目を集めているモロッコ原産のアルガンオイル
現地では生命の実と呼ばれるほどで、日本でもとても高いポテンシャルを秘めた万能オイルとして紹介されています。
オレイン酸は勿論の事、ビタミンEが豊富に含まれていて、浸透力も高いのがポイントです。
アルガンオイルも椿油同様、紫外線から髪を守ってくれます。

で、どうやって使うかと言いますと

さて、次に使い方ですが、使い方はとっても簡単、お風呂上りのタオルドライした髪に適量つけてドライヤーで乾かすだけ!
ホントにこんなに簡単でいいの?と思われるかもしれませんが、これでいいんです。
つけすぎるとべたべたになってしまうので、少量ずつ自分の髪の量にあった量を使用にするようにしましょう。
日々の生活や温度・湿度で必要な量は変化します。
毎日同じ量を使用するのではなく少量ずつ使うくせを付けておきましょう。

時間がある時はスペシャルケアを

時間に余裕のある時は洗った髪に適量のオイルを付けてラップで包み、湯船の中で半身浴を
お湯の蒸気でスチーム効果を期待しつつヘアパックをして洗い流すと、翌朝には嘘みたいにツヤサラ美髪を実感できます!

今回のまとめ

私が初めて天然のオイルをヘアケアに使おうと思ったのは、小豆島の女性がオリーブオイルをヘアケアに使用しているというのを聞いたことがあったからです。
確かに皆さんご高齢であるにも関わらずつやつやの髪の毛で、パーマをかけていてもしっとりと広がることなくまとまり髪でした。
私はさすがに食用のオリーブオイルを試してみるのが怖くて、市販されている椿油から使い始めましたが、その効果に当初から驚かされました。
人それぞれにぴったり合うオイルは違うと思います。
さあ、あなたに合うオイルを見つけて、憂鬱な雨の日も輝くつやつやな髪の毛で美しく出掛けましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーワード検索

上に戻る