>  >  > 
ヘアケア
2016.08.31

お金をかけずにツヤ髪GET!ベテラン美容師が教える二つのヘアケア!

髪の毛の悩みって一年中解決しませんよね。
梅雨は湿気で夏は紫外線。
冬が来れば乾燥が待っています。
今回はそんな悩めるヘアケアに関するお話を15年美容師として活躍していらっしゃるケイコさんに伺います。

美容師の女性

お願いします。

ケイコさん

美容師をやっているケイコです。
お願いします。

つやつやの髪を目指している女性は多いと思いますが、サロンでトリートメントするのはどれくらいの割合でしょうか?

ケイコさん

全然その気がなくご来店されても、おすすめすれば半数以上がトリートメントもセットにされますね。
やはりご自宅でやられるトリートメントよりも、専門的で品質がいいものを使用できますから、効果は抜群です。

美容院でトリートメントされませんか?

そうですよね。
私も何度かやってもらったことはあって、でも1週間もするといつも通りのパサパサゴワゴワな私の髪に……という経験があるので一時しのぎならと思い最近は利用していないんです。

ケイコさん

そうでしたか、、、。
でもそれって多分普段のシャンプーの選び方が問題なのだと思います。

美容師が教えるきれいな髪を保つシャンプー!

シャンプーボトル

シャンプーですか!?

ケイコさん

はい。
最近ノンシリコンシャンプーやオーガニックトリートメントが人気ですよね。
髪のためにいいものを使いたいものですが、多くの女性は間違った選び方をしてしまっているんです。

その中でも特に多いのがトリートメントはいいものを購入してもシャンプーは適当に選んでいるというタイプ。
美容師じゃない私の友達に聞いても結構適当なものを使っていて、それじゃあ髪の毛パサパサになるよ、、、なんて経験があります。

どうしてシャンプーが大切なのですか?

ケイコさん

ヘアケアでは「傷めない」ことが最優先なんです。
だから、いくら保湿力が抜群のトリートメントでも髪に合っていないシャンプーを使えばトリートメントでも追いつきません。
反対に、髪に合ったシャンプーを使えば髪の傷みは最小限に抑えることができるので、つやつやの髪を簡単に維持することができますよ。

なるほど!
どんなシャンプーがいいのですか?

ケイコさん

人それぞれ合う合わないがあるので、一概にこのシャンプーがいい!と言い切ることは残念ながらできません。
私は自分のサロンで使用している業務用のシャンプーを使用していますが、普通の販売店さんでは売られていないものなので今回は紹介しません。

残念です……。
それではシャンプーを購入するときのコツがあれば教えてください。

ケイコさん

サロンによってはシャンプーを販売してくれているところもありますから、そういうところで購入するのもいいですね。
使用感を確かめた上での購入になりますから安心感も高いと思いますよ。

サロンで販売しているようなシャンプーはちょっと高い、と思われるかもしれませんが市販されている安価なものでは効果が得られなかったのであれば、やはりちょっとは高いものに頼るしかないと思います。
スキンケアもプチプラで済む人とそれでは満足できない人、いろいろいますよね。
ヘアケアも同じですよ。

正しいシャンプーのやり方

シャンプーをしてもらう女性

今回は正しいシャンプーのやり方も教わります。

ケイコさん

シャンプー選び同様、正しいシャンプーのやり方も意外と知られていません。
最近はテレビやネットニュースなんかでも紹介されているのでちょっとは浸透してきたかな、とは思うのですが。

具体的にどのような方法なのでしょう?

ケイコさん

シャンプーは毛先に付けず、地肌だけ洗うことが大切です。

正しいシャンプー剤は頭皮の油分を取る役目がありますが、その分髪の必要な油分まで取り去ってしまうのです。
これは日本人の清潔感がそうさせるのでしょうが、ほとんどの女性が毛先までシャンプーを付けていますよね。

わかっていてもやってしまう。
その気持ちもわかりますが、地肌だけ洗えば髪はすっきりしますし、髪にはもともと髪の毛自体に汚れを取り除く機能がありますから、ぬるま湯ですすぐだけで綺麗になりますよ。

髪の毛自体に汚れを取り除く機能が!
それは知りませんでした。

正しく髪を乾かす方法

ドライヤー

それでは最後に、正しく髪を乾かす方法をお伺いします

ケイコさん

と、その前に髪を傷める乾かし方、トップ3をお知らせします!

まずは、タオルで髪を揉み込みながら乾かす方法。
次に、くしで梳かしながら乾かす方法。
最後は表面(上)から髪を乾かす方法です。

全部やっている!

ケイコさん

そうですよね。
大抵の人はやっていると思います。
私がきいた話だと全体の8割以上はこの方法のいずれかで髪を乾かしているそうです。

なぜその方法がいけないのですか?

ケイコさん

濡れている髪は最も傷みやすい状態なんです。
そんなときにタオルやくしで刺激を与えるとキューティクルがぼろぼろになってしまいます。

また、表面の髪は空気や紫外線に最も触れやすく、傷みやすい部分なんです。
だから、表面から乾かすと乾かし過ぎの状態になって髪がパサパサになってしまうんですよね。

ではどのように乾かせばいいのですか?

ケイコさん

襟足からドライヤーの風だけで乾かして、9割くらい乾いたら手ぐしでまとめることが正解です。
一番乾きにくい場所から乾かすことで、表面の乾かしすぎを防いでまとまる髪が出来上がり。
タオルやくしも使わないのでキューティクルの損傷も防ぎます。

1週間続けると、髪がつやつやに仕上がりますからぜひ試してみてくださいね!

ケイコさん、ありがとうございました!

どんな素敵なヘアスタイルでも髪が健康でなければ輝けません。
いつも万全なヘアケアで、天使の輪があるつやつやの髪を手に入れましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーワード検索

上に戻る