>  >  > 
乾燥肌
2016.06.01

プチプラだけが『お得』じゃないよ!コスパで選ぶならオルビスをライン使いがおすすめ

オルビスのアイテムで行うスキンケアの紹介

みんなのお肌の手入れ方法
今回お話をうかがった人の「肌質」と「年齢」
肌質 乾燥肌
年齢 39歳

こんな悩みの方におすすめ

乾燥肌さんにおすすめなオルビスのアイテムを使ったスキンケア方法

スキンケアの基本は基本をきちんと行うこと!

美容アイテムって購入し始めるとあれもこれも!となってしまいがちです。
私もかつてはいろいろなブランドのアイテムをたくさん購入してみましたが、今はそんなコストを最低限に削減するためにオルビスの化粧品や基礎化粧品を使っています。

朝の洗顔でお肌をクリアに

洗顔する女性

朝のスキンケアは洗顔から。
オルビスユーシリーズのブライトニングジュレウォッシュを使用して、朝の皮脂汚れ角質によるくすみをきれいに取り除きます。

どんな人にも朝はとても忙しいもの。
ちょっとの時間も惜しいので普通の洗顔料ではしっかりと泡立てている時間ももったいなく感じてしまいますが、ジュレウォッシュは泡立てなくてもいいのでとても便利です。

洗顔後も肌が突っ張らず、しっとりと仕上がります。
洗浄をしっかり実感したい!というタイプの人にはおすすめできないアイテムですが、私は乾燥肌なのでこの程度の洗顔力がベストです。

化粧水は手のひらで

花をつまむ手

洗顔が終わったら、オルビスユーのモイストアップローションを使用します。

手のひらで顔全体になじませています。
デコルテまでたっぷり潤わせたら後はハンドプッシュ

手のひらで使用する理由は、テクスチャーが適度にとろみがあるからというのもありますが、やはり時短のためという理由が大きいです。
コットンにしみこませて小さい範囲で何度もパッティングよりも、一度で広範囲に塗布できるので時短になります。

気になるシミにも、できる前のシミにも

化粧水で保湿が完了したら、小林製薬のケシミンを気になるシミにオン!
すでに4本目のこのアイテムですが、残念ながらシミを完全に消すことはできていません。
それでも使い続けているのは、使い始めてから確実に目立たなくなってきているから。

シミはできてからよりも予防が大切とのことなので、紫外線を浴びた日のお手入れでは顔全体に塗るようにしています。

デイリー保湿液は紫外線対策アイテムが◎

最後にオルビスのデイメモリーモイスチャーを使用します。

このアイテムは日中用の保湿液で、スキンケアとともに紫外線対策を行うこともできます。
伸びもよくて使いやすいので、オルビスの中でもお気に入りのアイテムです。

夜のスキンケアでもオフが大切

仕事から帰宅したら何時であってもまずはメイク落とし
メイクを早めに落とすところから夜のスキンケアはスタートです。

帰宅後すぐのメイク落としがおすすめ

お風呂

お風呂へ直行したら、まずはオルビスのクレンジングリキッドでメイクを落とします。

このクレンジングリキッドはクレンジングオイルのようにするするとメイクを落としてくれるけれど、オイルが入っていないので酸化しないし、乾燥もしすぎないです。
濡れた手でも使えますし、私のような濃過ぎないメイクであれば簡単にきれいに落としてくれるので大満足しています。
もう何本も使用している私の中ではロングセラーアイテムです。

夜のスキンケアにはちょっと高価なアイテムがおすすめ

クレンジングが終わったら、朝と同じように洗顔をしスキンケアも同じように行いますが、夜の保湿液はオルビスユーシリーズのナイトメモリーモイスチャーを使用します。

これを使うとハリ潤い効果が朝まで持続しているので、オルビスの中ではちょっと高価なアイテムですが絶対に外せません!
いつまでも使い続けたいベストヒットなアイテムです。

気になるときはスペシャルケアを

やりすぎ厳禁!酵素洗顔

ベーキングパウダー

毎日丁寧にスキンケアしているつもりでも、なぜだか溜まっていってしまうのが小鼻や鼻の頭の黒ずみです。
これが気になるときはパウダーウォッシュという酵素パウダーの洗顔料を使用してスペシャルケアを行います。

私は週に3回、朝にこのケアを行いますが刺激の強いものですから、取り入れるときはご自分の肌の調子をみてやり過ぎないように気を付けて使用するようにしてください。

このパウダーウォッシュも毎日使用しているジェル洗顔も、どちらもくすみ角質をケアしながら落としてくれるものですから、年齢が進んで慢性的なくすみが気になっている人には特におすすめしたいアイテムです。

今回ご紹介するアイテムはこちらです!


オルビス(ORBIS) オルビスユー ブライトニングジュレウォッシュ 120g

洗顔には泡立てなくてもいいこちらのアイテムを使用しています。
肌のつっぱりもなく、乾燥肌の私にはちょうどいい洗浄力です。


オルビス(ORBIS) オルビスユー モイストアップローション ボトル入り 180mL (化粧水) 9281

手のひらで顔全体とデコルテまで保湿します。
適度なとろみなのでコットンじゃなくても使用しやすいです。


ケシミン クリームd 30g

シミの気になるところに使用しています。
私が唯一スキンケアで使用しているオルビス以外のアイテムです。
シミを完全に消すことはできていませんが、目立たなくなってきていますし、予防にもなります。


オルビス(ORBIS) オルビスユー デイメモリーモイスチャー 30g SPF20・PA++ (日中用保湿液) 9283

日中の保湿液はこちらを使用しています。
スキンケアとともに紫外線対策もできるので時短にもってこいです。


オルビス(ORBIS) クレンジングリキッド ボトル入り 150mL

ノンオイルなので酸化もしないし、余分な脂を落としすぎて乾燥しすぎるということもありません。
がっつりメイクを落とす力はないと思いますが、私のような濃過ぎなメイクであれば問題なく落とすことができます。


オルビス(ORBIS) オルビスユー ナイトメモリーモイスチャー ボトル入り 30g (夜用保湿液) 9284

私がオルビスの中で一番オススメするアイテムです。
ちょっと高価ですが、朝まで持続するハリと潤いには代えられません!


オルビス(ORBIS) パウダーウォッシュプラス ボトル入り 50g (酵素洗顔パウダー) 9233

週に3回のスペシャルケアとして酵素洗顔をするときに使用します。
これを使うと小鼻や鼻の頭の黒ずみをすっきり落とすことができます。

今回のまとめ

オルビスのアイテムを中心とした私のスキンケアはいかがでしたか。

ポイントは
・自分にとってコスパのいいアイテムを使用する
・やりすぎないスキンケアを心掛ける
・高価なアイテムを上手に使用する
・スペシャルケアは様子を見て行う

です。

毎日のケアだけで完全でなくてもかまいません。
スペシャルケアも含めて、自分にぴったりのスキンケア方法を見つけていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

フリーワード検索

上に戻る