>  > 
美容コラム
2019.01.12

冬のむくみに要注意、原因を知って対策・予防しよう

実はむくみやすい冬の体

むくみといえば冷房で冷えやすい夏が注目されがちですが、実は冬もかなりむくみやすい季節です。
ぴったりしたパンツやブーツがきつく感じたりフェイスラインがぼてっとして見えるのは、冬太りではなくむくみが原因なことがあります。

今回は冬のむくみの原因と正しい対策方法を確かめましょう。

冬のむくみはどうして起こる?

冬のむくみには様々な原因が考えられますが、最も大きいものは血行不良といえるでしょう。
血行が滞ると代謝が悪化し、本来は血流で押し流されて静脈やリンパ管へ向かうはずの血液の中の水分や老廃物が皮膚の下にしみ出してしまいます。
この状態がむくみです。

冬はどうして血行不良が起こりがちなのでしょうか。

冷え

この季節は体を温めていても温まっているのは肌の表面だけで体の芯は冷えていることが多いです。
冷えた血管は血流を低下させてしまい、むくみを招いてしまいます。

運動不足

寒いとついこたつから動きたくなくなる、そんな人も多いのではないでしょうか。
寒い冬はどうしても体を動かすのがおっくうになりがちで、自然と運動不足になっている人が多いです。

血流を良くするためには筋肉を動かすことも必要不可欠です。
ストレッチなどで筋肉を動かすと血流が良くなり体がほぐれることは良く知られていますよね。
それとは逆に筋肉を動かさない状態を長く続けていると血流は滞ってしまいます。
これもむくみの原因となってしまいます。

水分不足・塩分過多

夏と比べて冬は摂取する水分量が減りがちです。
健康的な成人は1日に2リットル以上の水分を摂ることが推奨されていますが、この時期は思うように水分が摂れていない人が多いのではないでしょうか。

水分摂取量を減らせば体の水分が余ることがなくむくまないのではないかと思われる人もいますが、それは間違いです。
摂取する水分が足りないと血中の水分も減ります。
水分量の少ない血液は流れが悪いので血行が滞る原因となってしまいます。

また、冬はたくさんホットコーヒーや紅茶を飲んでいるから大丈夫だと思っている人も多いですがそれも要注意です。
紅茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるので、飲み過ぎると体に必要な水分まで排泄してしまい軽い脱水状態を招くおそれがあります。

カフェインが入った飲み物を大量に飲むことは水分摂取にはならないのです。

血中の水分が不足するのは水分摂取量が足りないせいだけではありません。

ヘルシーで体も暖まる鍋は冬の人気メニューですが、濃い味の鍋をシメの雑炊までしっかり食べると思いがけない塩分量を摂取していたりします。
元々冬は濃い味の食べ物が好まれる傾向があるので、気づかないうちに塩分を摂りすぎていることはよくあります。

体には塩分濃度を一定にしようとする作用があります。
摂取する塩分が多いと体は水を溜めこんでしまい、溜めこまれた水分がむくみとなって現れることがあります。

今すぐできる、血行改善&むくみ取り

これらのように、冬の生活は血行を阻害する要素がたくさん潜んでいます。
しかし冬のむくみは生活習慣の改善で簡単に解消されることが多いです。

正しい水分摂取・塩分コントロール・食物繊維の摂取

まずはきちんと水分を摂るように心がけましょう。
白湯やルイボスティーのようにカフェインのない温かいものをゆっくり飲むようにすると、体も温まり効果的です。

水分摂取がしっかりできているなら、コーヒーや紅茶のようなカフェインの入った飲み物も飲みすぎない範囲で楽しめますね。

塩分が多い食事を摂りがちな人は塩分を減らすことも大切ですが食物繊維をたくさん摂ることも大切です。
食物繊維は体の中で摂りすぎた塩分にくっつき、体外に排出するはたらきがあります。

野菜や果物・海草やきのこなどをたくさん食べることで摂取できる食物繊維ですが、食の欧米化がすすみ昔より野菜や米や雑穀を食べなくなった日本人は食物繊維が不足しているといわれています。

野菜や雑穀を意識して食べるようにして、体に入る塩分の量が多くなりすぎないように心がけましょう。

入浴・ストレッチ

お風呂に入る足

血行改善の簡単な方法といえば入浴です。
できれば毎日40度程度のお湯に浸かり、体を芯まで温めるようにしましょう。

入浴で体をほぐしたあとにストレッチをするとより血行促進効果が高いです。

●体を大きく伸ばす
●肩を回す
●前屈
●四つんばいになり背中を丸めてからゆっくり反らせる

これらを軽くするだけでも体はほぐれ、血行は改善されていきます。

寒くて動くことがおっくうだと感じた時も軽いストレッチは効果的です。
しかし、長く体を動かしていない状態からいきなりハードなストレッチをすると体を痛めるおそれがあるので運動不足を感じた時はゆっくり体を伸ばすようにしましょう。

着圧ソックス

履くだけでむくみを予防できる着圧ソックスはむくみ対策の強い味方です。

脚、特にふくらはぎには動かすことで全身に血液を送る作用があります
しかし運動不足が続くと筋力が弱まり、血行が悪く足がむくみやすい状態になってしまいます。

着圧ソックスは脚に適度な圧力を加えることで、足の血液を送る能力をサポートしてくれます。
様々なタイプの商品があるので、自分のむくみや使いたい時間(日中・家でのリラックスタイム・寝る時など)に合わせて選ぶことができます。

それでもむくむ体にはリンパマッサージ

一時的なむくみなら、生活を見直せば簡単に改善されることが多いです。
しかしむくみがなかなか取れない場合はリンパマッサージで滞った水分や老廃物を押し流してしまいましょう。

体には血液だけではなくリンパ液というものが流れています。
リンパ液はリンパ管という血管のようなものを通り、リンパ節へ体の中の老廃物を送る役目をしています。
送られた老廃物をきれいにして、また全身に流すのがリンパ節の役目です。
リンパ節は全身の様々な場所に何百個もありますが、リンパマッサージで注目されるのは耳の下・首・鎖骨・わきの下・足のつけ根・ひざの裏などの場所です。

リンパマッサージはここに老廃物を押し流すことで、老廃物をきれいにしてリンパの流れを整えることを目的としています。

ふくらはぎ・ふともものマッサージ

足のマッサージをする場合はまず足の裏から行います。
足の指を開いたり閉じたりした後に脚の裏を足つぼマッサージのように軽く圧迫し、足をほぐします。
足をほぐした後はアキレス腱をつまむようにマッサージします。

その後ふくらはぎもつまむようにマッサージし、下から上にさするようにふくらはぎを撫でて膝裏をマッサージします。
同じようにふとももも揉みほぐしたあとに上から下にさすり、足のつけ根のくぼみに老廃物を流すような気持ちでマッサージしましょう。

顔のマッサージ

顔のマッサージはまず鎖骨の上をさすり、鎖骨の上がほぐれた状態にしてから行いましょう。

人差し指・中指・薬指の3本を立てて頬骨の下や顎の下を「痛気持ちいい」ぐらいの強さで中央から外に押しておきます。
その後耳をつまんで回してから、耳たぶの下から鎖骨のくぼみに向けて上から下にさすります。

顔のマッサージは必ずクリームやオイルなどを使って滑りを良くした状態で行いましょう。

むくみがなくても、思わぬ顔や足のこわばりに気づくこともありますよ。

今回のまとめ

寒い冬はどうしても体がむくみやすくなります。
冬のこわばりやすい体をケアして、むくまない体を手に入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を書いた人
美肌ひろば編集メンバー

美肌ひろば編集チーム

美肌ひろばの編集チームです。 頑張っていい記事書いていきます!

その他のおすすめ記事

上に戻る