>  >  > 
混合肌
2016.07.08

食改善でニキビを治そう!周りに合わせすぎないお付き合いの方法

食生活を見直してニキビを改善する

みんなのお肌の手入れ方法
今回お話をうかがった人の「肌質」と「年齢」
肌質 混合肌
年齢 40歳

こんな悩みの方におすすめ

大好きだったチョコレートやポテトチップスを辞めてきれいな肌を取り戻す

今回はニキビにお悩みだった方がどのように改善していったのかお伺いします。まず、いつ頃のお話しか聞かせてください。

Nさん

17歳から20代後半まで、大体10年くらい続きました。
いまは40歳ですから10年くらい前の出来事です。

何が原因のニキビだったとお考えでしょうか?

Nさん

生活習慣、特に食べ物です。

どのような食生活だったんですか?

Nさん

とにかく、チョコレートや脂っこいものが大好きでした。
ポテトチップスの塩気とチョコレートの甘味がとにかく好きで、おやつは常に2つをセットで食べていました。
今では考えられませんが1袋と1枚なんて平気で平らげてましたね。
その他にも菓子パンやラーメン、ファーストフードも大好きでした。

ニキビなんか思春期をこえれば治る、と両親にも言われていたので暢気に構えていたのです。
でも、顔にしかなかったニキビが体にもでき始めたろから、これって思春期が原因だけじゃないのかも?と考え悩み始めるようになりました。

すごいおやつの量!それだけ食べたらご飯は食べれないのでは?

Nさん

そう思われるでしょうが、ご飯もしっかり頂いていたんですね。
母のご飯がおいしくて。
でも両親は割と小柄なタイプで、食事も和食が中心でしたから太ってはいなかったんです。

そんな家族の中で私だけがぽっちゃり。
ぽっちゃりというのは自分へのいいわけで、デブだったですね。
今よりもだいぶ体重が多かったです。

お気づきになってからすぐ食生活を見直しましたか?

Nさん

それが、気が付いたのは高校の時だったのですが、学校帰りには友達とピザの食べ放題のお店に行くのが定番だったので、それを断ることができませんでした。
いま思えば、その中でも一番細かった子は2枚か3枚食べる程度で後はおしゃべりに夢中だったんですよね。
それにきっとあれが晩御飯だったんでしょう。
私は目の前にあるピザを間食としてとにかくたくさん食べていたんですから、体型にも肌にも差は出ますよね。
付き合いで友達と一緒にいたいだけだったら彼女のように少量だけ食べておけば充分だったのに。

でもそれって難しいですよね。特にそこを突っ込まれたら食べざるを得なくなっちゃう。

Nさん

そうなんですよね。
だから高校時代は飽食の時代としてすごしました。

卒業してから友達グループとは違う大学に通うことになったので、偏った食事や間食を控えるようになりました。

完全に辞めはしなかったんですか?

Nさん

完全には辞めれなかったんです。
2週間我慢すると爆発してお決まりのファストフードやポテトチップス&チョコレートのおやつを食べてしまったりで、辞めたつもりでも全然辞めれてなかったんです。
だから1週間我慢したら日曜日は小さいサイズのポテトチップス&チョコレートは食べていいって自分に言い聞かせました。
結果的に食べる量も減って、気づいたら食べなくてもなんとなく週末が過ぎちゃったり。

途中からはあんまり楽しみではなくなりましたね。

その他気を付けていたことを教えてください。

Nさん

体や顔を洗う時にも気を遣うようになりました。
泡で洗うような洗顔に切り替えて、ボディーソープも湿疹に効くものを使用しました。
シャンプーをするときもシャワーを背面にすると顔のニキビに効果があるというので試しましたが、今度は背中のニキビが酷くなりました。
もしかしたらシャンプーが残ってる?と考え、頭を思いっきり下げて前向きで洗うようにしました。
なるべく顔に流れないようにとにかく下を向いて洗い、流れ込んでしまったと思ったらよくすすぐようにしました。

現在のニキビの状況はいかがですか?

Nさん

チョコレートなど、脂っぽいものを食べると出ます。
同じところにばかり出るような気がしているので何かあるのかな、と思っていますが結論には至っていません。

最後に、自分にとって一番大切だったと言えるのはどんなところか教えてください。

さん

一番は食事の改善ですね。
後は肌を清潔に保って保湿をしっかりすること、汗はこまめにふき取るのがいいです。

どれもこれもちょっとずつきちんと行ったからニキビが改善できたのだと思っていますので、これだけやっておけば大丈夫!とは安易に言えませんね。

ご協力ありがとうございました!

今回ご紹介するアイテムはこちらです!

クリアレックス W 450mL 【医薬部外品】

私がにきびを改善したものではありませんが、ニキビ予防のために思春期の子供が使用しているボディソープです。
これのおかげか?彼らはニキビがないようです。

今回のまとめ

高校時代、高脂質のものを大量に食べたことが原因でニキビ肌になってしまったNさんがニキビを改善したお話でした。
お付き合いだから食べないというわけにはいかない、というのもわかります。
出来ればそのような事態は回避できるのが一番ですが、できないのであれば食べなくてもよくなったら自分の意志で量を減らすというのが大切ですね。
過度なダイエットは体に毒ですから、くれぐれも気を付けるようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

上に戻る