>  >  > 
乾燥肌
2018.09.28

秋に向けて、敏感肌をプチプラ無添加アイテムでシンプルケア

敏感肌さんのスキンケア

みんなのお肌の手入れ方法
今回お話をうかがった人の「肌質」と「年齢」
肌質 敏感肌
年齢 36

こんな悩みの方におすすめ

安心して使えるスキンケア製品を探している方

敏感肌のスキンケア、どうしていますか?

肌トラブルを起こしやすい敏感肌。
しっかりケアしたくても肌に合うものが少なくて困っている方も多いのではないでしょうか。

私の場合、お試しセットやテスターでは調子が良かったのに製品を購入してみたら肌荒れが…といったことも多く、もったいないと思いつつ少ししか使っていないスキンケア用品を手放すこともよくありました。
話題の商品に飛びついたはいいけれども肌に合わず、無駄になってしまった額は決して少なくありません。

それを繰り返した結果たどり着いたのが、肌に合わなくてもショックの少ない、ドラッグストアでも購入できるプチプラなアイテムでケアすることでした。

ロゼット 無添加石けん 洗顔フォーム

香料・鉱物油・防腐剤・着色料が無添加で、長く愛用している商品です。
朝のベタつきや夜の汚れもしっかり落としてくれますが、洗顔後にありがちな肌の突っ張りは感じません。
私はインナードライでもありますが、これを使うようになってからはTゾーンのべたつきが落ちつきました。

NICE & QUICK ボタニカル高保湿化粧水

1本500mlで1000円以下、なのにパラベン・着色料・香料・石油系界面活性剤・アルコール・鉱物油・シリコン・タルクの8つが無添加という点に惹かれて購入しました。
添加物を減らしているものは保湿力が弱いものも多いですが、こちらはべたつかずにほどよく保湿してくれます。
オリーブオイルから抽出されたスクワランが配合されているそうで、その成分が効果的なようです。

乾燥する時期には若干物足りなく感じることもありますが
・しっかりハンドプレスする
・乳液を少し多めにしてみる
この二つで問題なく乗り切れています。

同じラインの商品に高保湿ジェルもあります。
こちらは同じく8つの成分が無添加なのにオールインワンジェルとして使えるという便利な商品でしたが、肌にぴりぴりとした痛みを感じてしまい使用を中止しました。

ジェルのほうが効果が高い代わりに、天然成分が減るようです。
敏感肌の場合、多機能なものよりシンプルなもののほうが効果を発揮しやすいと感じます。

MINON アミノモイスト モイストチャージ ミルク

こちらも無香料・無着色・アルコール・パラベンフリー・紫外線吸収剤無添加な商品です。
パッチテストやスキィンディング(刺激感を確かめるテスト)の他に、敏感肌・乾燥肌の人が連続使用するテストが済んでいるという説明を見て安心して購入しました。

こちらは一見こってりとしているのにとても伸びがよく、1プッシュで顔に塗りきれないぐらいなめらかです。
余ったぶんを首やデコルテに塗っていたら、いつの間にか気になっていた首や顎の下のざらつきが消えてしっとりとした肌になっていました。

ミノンは赤ちゃんから使える製品が多いので、安心感があります。

困った時のポイント使いアイテム

普段は上記のアイテムでしっかりケアできていますが、それでもくすみや乾燥が気になる時もあります。
そんな時には連日使うには強すぎるけれども、肌質に合った使い方をすれば効果を発揮してくれる商品を使っています。

ハイピッチ ディープクレンジングオイル

香料・パラベン・アルコール無添加のオイルクレンジングです。
スキンディング・アレルギー・ノンコメド(ニキビができにくいかどうか確かめるテスト)済みで安心して使えます。

こちらはデイリーユースではなく、特にしっかりしたメイクをした日や、肌のくすみや毛穴の黒ずみが気になる時に使っています。
角栓がぽろぽろ落ちて肌も明るくなった感じがするので、夏にダメージを追った肌の汚れを落としたいけれどもピーリングは刺激が強すぎる…という方にはおすすめです。

汚れ落としには有効なアイテムですが、オイルクレンジングなのでどうしても肌が乾燥する感覚はあります。
でも、化粧水や乳液でしっかりケアすれば気になる程度ではありません。

ソンバーユ 無香料

国産の良質な馬の脂肪から抽出した馬油100%、無香料のクリームです。
油臭も少なく、ほんの少量を手のひらに伸ばしてから両手で顔を包み込むようにして塗るとべたつきもあまり気になりません。

朝使うとオイリーな仕上がりになりがちなので、乾燥した時期の寝る前に使っています。

また、爪や髪の乾燥が気になる時にもごく少量を擦り込んでいます。
特に爪は磨いたようにぴかぴかになります。
これからの季節かさつきがちな膝や肘、全身に使えるので損がありません。

今回のまとめ

今はケア用品を安全でシンプルだけど確実に効果があるということを第一に選んでいます。
地道なケアを続けていれば、気温の変わりやすいこの時期も肌トラブルなく乗り越えることができます。
どれも手に入りやすい商品ばかりなので、秋のゆらぎ肌に悩んでいる方はケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他のおすすめ記事

フリーワード検索

上に戻る